運転免許の取得に必要な費用・手続き

初心者でもわかる!免許を取るのに必要な費用と手続き

2種類の免許の取り方。どっちにする?

初めて免許をとる時は、色々と不安なことが多いですよね。 初めに気になるのが、卒業までの流れではないでしょうか。 なので、まずは通学免許と合宿免許の卒業までのおおまかな流れをご紹介します。 この流れを理解しておけば、どこで料金が発生しているのかや、どんな手続きが必要なのかが分かりやすくなります。

割高?通学免許にかかる費用と必要な手続き

始めに、それぞれの取得方法の費用と手続きについて具体的に見ていきましょう。 まずは、自分で自由に通うことができる通学免許の費用と手続きについてご紹介します。 自由な分割高になる傾向がありますが、どのようなところにお金がかかるのでしょうか? また、手続きは大変なのでしょうか。 その2点を、詳しくご説明します。

素早く取れる合宿免許の費用と手続きは?

次に、合宿免許にかかる費用と、必要な手続きについてご紹介します。 合宿免許を申し込む際にかかる費用は通学免許と比べて比較的安いと言われていますが、実は気をつけなくてはならない点もあります。 それも併せて、通学免許とは違った手続きの仕方も詳しくご説明します。

どうやって免許を取るの?流れを確認!

高校を卒業する年になると、様々な権利が解禁されます。
一番に思いつくのが普通自動車の運転免許を取れる権利ではないでしょうか。
車を運転できれば、様々な所へ行けて便利ですし、国家資格ですから、自分を証明するものとしても大変重要な役割を担っています。

免許を取得するには、主に2種類の方法があります。
1つは、教習所に自宅から通う通学免許、もう1つは教習所が主催する合宿に参加する合宿免許です。
それぞれにメリットとデメリットがあり、自分に合った方を選んで免許の取得を目指します。

通学免許は、自宅から通えて好きな時間や日にちを選んで運転教習や学科を学ぶことができる、非常に自由度の高い方法です。
のんびり、自分のペースで無理なく通うことができます。
しかし、費用が割高であったり、免許の取得まで1、2ヶ月ほど必要であったりと、時間がかかるというデメリットもあります。

合宿免許は、2週間ほどのまとまった期間で、施設に宿泊しながら、集中的に勉強する取得方法です。
なんと言っても短期間で取得することができますから、時間のない方や、すぐに必要な方にはぴったりです。
また、費用が比較的安く済むのも嬉しいところ。
しかし、仕事をされている社会人の方や、子供のいる主婦の方など、まとまった時間を取れない方にはあまり向いていません。
もちろん合宿ですから、途中で帰宅することもできません。

このように、2つの取得方法には様々な違いがあります。
自分が重視するポイントが費用なのか、それとも短期間で取れることなのかということをよく考えて、自分に合った取得方法を選びましょう。

両方に共通して気になるのは、やはり何にどれくらいの費用がかかるかということと、どのような手続きをすれば良いかということだと思います。
このサイトでは、そういった費用や手続きについて特に詳しくご説明しています。
ぜひ、教習所を選ぶ前に参考にしてみてください。